病院システム

VLAN導入

投稿日:2020年2月20日 更新日:

ネットワークに接続している機器が増えてきて問題が起きました。現在のネットワーク環境はこんな感じです。

病院内で使用する機器と2階の自宅で使用する機器が混在している状況です。iPadやスマホはWifiで接続しており、他にもFireTVやタブレットもあります。

2階にもう一つWifiルーターを設置し、自宅用のネットワークを新たに構築しようと考えました。ブリッジモードで接続し、ルーターを増やすだけでしたら、ネットワークは分割できません。新たに回線接続のために契約するのでしたら、お金の無駄です。

いろいろ検討した結果VLANを導入しました。ネットワーク環境はこんな感じになりました。

院内LANは192.168.0.Xで自宅LANは192.168.10.Xとなり、ネットワークが分割できました。

 

-病院システム

執筆者:

関連記事

診察予約システム

診察予約システムと顧客管理システム 顧客管理、電子カルテソフトには待合での順番表示機能を追加しましたが、予約システムを組み込む予定はありません。 予約システムで予約を入れてもらっても、実際に飼主さんが …

PACS CONQUESTについて

フリーのDICOMサーバソフト、CONQUESTは人医領域でも用いられています。主な機能は以下の通りです。 ・モダリティ(CR、CT等)からのデータの受け取り。Osirixの「DICOM Listen …

RadiAntについて

Windows環境下でのフリーのDICOMビューワとして「K-Pacs」がありますが2008年に開発が終了しています。K-Pacsの代わりにCONQUESTと併せて用いられることが多いのが「RadiA …

勤怠管理システム

以前勤務していた病院では紙のタイムカードを用いていました。 しかし、開業当初は従業員が少なかったためパソコンでの勤怠管理を始めました。 一番のメリットは紙のタイムカードを保管する必要が無いことです。 …

病院間でのDICOMデータ共有について

現在、当院ではCRを導入していませんので他院に患者さんを紹介する場合、レントゲン写真を持参してもらい、診察終了後レントゲン写真を返却してもらいます。手間はかかりますが、紹介先と自分とで全く同じ写真を診 …