DICOMビューワ 病院システム

DICOM形式のCRデータについて

投稿日:

DICOM形式のCRデータはモダリティ(CR本体)からは1ピクセルあたり10~14ビット(多くは12ビット)でサーバーに送られます。ビューワの多くがWindow CenterとWindow Widthから、1ピクセルあたり8ビットのグレースケール(白黒)データに変換する処理を行います。モニタでDICOM補正機能がある場合は補正し、無い場合はそのまま8ビットのグレースケールで表示します。

ビューワでのグレースケールへのデータ変換時の補正方法は各ソフトによって異なります。線形補正ではなく、DICOM補正のような補正をしているソフトもあるかもしれませんがメーカーのソフトは情報が公開されてませんので、補正方法は不明です。

最近は10ビット表示に対応したグラフィックカード、モニタが比較的安価に手に入りますのでビューワでのグレースケールへの変換時に8ビットではなく、10ビットでの変換を行えば(単純に4倍のデータ量ですので線形補正でも)きれいな画像が得られるのではないかと考えます。

10ビット出力に対応したWindowsのDICOMビューワは確認した範囲では無さそうです。機能を絞ってビューワを作成することはさほど難しくはないのですがモダリティから送られてくるデータがメーカーによって異なります(DICOM形式であっても)ので、データを読み込む処理が大変そうです。

-DICOMビューワ, 病院システム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料の診察予約システム

以前、診察予約システムをいくつか紹介しました。 無料の診察予約システムがありましたので紹介します。 PHP工房   PHP工房さんのカレンダー予約フォームです。 特徴は ・予約受付時間を自由 …

PACS CONQUESTについて② MySQLダウンロード

CONQUESTを使用するためのインストール、設定手順を示します。 CONQUESTのデータベース機能では100000画像まで扱うことが可能です。CRのみを扱うのであれば問題は無さそうですが、外部デー …

PACS CONQUESTについて

フリーのDICOMサーバソフト、CONQUESTは人医領域でも用いられています。主な機能は以下の通りです。 ・モダリティ(CR、CT等)からのデータの受け取り。Osirixの「DICOM Listen …

IPアドレスが169.254.X.Xとなりネットに接続できなくなった時

現在、検査室にあるパソコンはDICOMサーバソフトであるConquestをインストールしており、固定IPにしています。そのパソコンで突然ネットが繋がらなくなり、DRとの接続もできなくなってしまいました …

病院間でのDICOMデータ共有について

現在、当院ではCRを導入していませんので他院に患者さんを紹介する場合、レントゲン写真を持参してもらい、診察終了後レントゲン写真を返却してもらいます。手間はかかりますが、紹介先と自分とで全く同じ写真を診 …