DICOMビューワ 病院システム

病院間でのDICOMデータ共有について

投稿日:

現在、当院ではCRを導入していませんので他院に患者さんを紹介する場合、レントゲン写真を持参してもらい、診察終了後レントゲン写真を返却してもらいます。手間はかかりますが、紹介先と自分とで全く同じ写真を診ますので診断上、問題が生じることは少ないと考えます。

CRを導入した場合、DICOMデータを送付もしくは持参してもらい、参照してもらうことになります。しかし、仮に同じデータを同じWindow Level、window widthで参照しても、使用しているビューワが異なれば見え方が異なります(ピクセルデータの補正方法が全く同じであれば似たように見えるかもしれませんが)。使用しているビューワが同じであってもモニターの性能が異なれば見え方が異なります。ビューワとモニターの性能が違いすぎれば、紹介先と自分とで異なる写真を診ていることになってしまいます。

医用モニターの性能指標はありますが、ビューワ、モニターを含めたDICOM形式表示環境の性能指標は存在しません。従って自分の表示環境がどの程度なのかを客観的に評価することはできません。メーカーから提供されるビューワ、モニターを使用するのであれば問題になることはないのかもしれませんが・・・

-DICOMビューワ, 病院システム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PACS CONQUESTについて⑤ CONQUEST設定

CONQUESTの最新版は https://ingenium.home.xs4all.nl/dicom.html から入手可能です。ダウンロード後、適当なフォルダに解凍します。「C:\Program …

PACSについて②

今までアナログのレントゲンでしたが、ようやくDRを導入することができました。PACSの構成は以下のようになりました。 DRで撮影したデータは付属のアプリによりDICOMサーバー(Conquest)に転 …

DICOM形式のCRデータについて

DICOM形式のCRデータはモダリティ(CR本体)からは1ピクセルあたり10~14ビット(多くは12ビット)でサーバーに送られます。ビューワの多くがWindow CenterとWindow Width …

勤怠管理システム

以前勤務していた病院では紙のタイムカードを用いていました。 しかし、開業当初は従業員が少なかったためパソコンでの勤怠管理を始めました。 一番のメリットは紙のタイムカードを保管する必要が無いことです。 …

IPアドレスが169.254.X.Xとなりネットに接続できなくなった時

現在、検査室にあるパソコンはDICOMサーバソフトであるConquestをインストールしており、固定IPにしています。そのパソコンで突然ネットが繋がらなくなり、DRとの接続もできなくなってしまいました …